ガラケーとスマホ

モバイル通信に関する情報等書いてます。

携帯を紛失

先日、母から、携帯を失くしたと電話がありました。

電話口で、失くしたときの状況や今度買う携帯の話に終始しているので、auに連絡したのか聞いたらまだしていないとのことだったので、とにもかくにもまずauに連絡すべきとアドバイスしました。

その後再び電話があり、携帯を買いに行くのに付き合って欲しいとのことだったので、量販店に付き合ってあげることにしました。

母はシニア世代で、「小さい字が読みにくい」「耳が聞こえにくい」「機械に弱い」典型です。

そのため、シニア向け限定で探しました。

すると、最近では、シニア向けのスマホというのもあることを知りました。

シニア向けスマホ

実際、普通のスマホとどこが違うのかというと、タッチパネルにタッチするだけではなく、少し強く押さないと反応しない点です。これは、シニア世代は、タッチパネルを使い慣れていないため、軽くタッチすることが得意ではないところから考案されたとのことです。

話を聞いてみると、銀行のATMも、タッチパネルで、操作に四苦八苦するシニアは少なくないそうです。

タッチしたつもりがないのに画面が変わってしまったり、タッチする時間が長いことで意図しない操作になってしまったり、ということは日常茶飯事のようです。

いいなあとは思いましたが、結局はスマホではなくシニア向けのガラケーにしました。

理由は、月額料金がやはり圧倒的にガラケーのほうが安いことです。

もちろんスマホのほうが、ガラケーよりもいろいろなことができますが、シニアのニーズは、多機能よりも、とにかく使いやすいことが一番なのです。

恐らく、これは想像にすぎませんが、シニア向けスマホを買う人は、世の中の多くの人が、最近スマホを使っていて、自分も時代に取り残されたくないと、スマホを使ってみたいと思う人なんだろうなあと思います。

モバイル通信情報局

Copyright(C) 2012 モバイル通信情報局 All Rights Reserved.